滋賀医科大学附属病院 看護臨床教育センター看護臨床教育センターからのニュースや施設・物品の利用状況をお知らせします

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
復職(再就職)支援研修のお知らせ 助産師バージョンを更新しました 14:19

 先月お知らせしていました再就職支援研修について、助産技術に関する研修もアップしました。

また、研修名を「再就職支援研修」から「復職支援研修」に変更しました。現在就職されていない看護師・助産師の方だけでなく、就職はしているけれど今は産休や育休中で、今後復帰を考えておられる方も含まれます🎵

研修内容について詳しくは、助産師さん→こちら、看護師さん→こちらをごらんください。

| - | - | - | posted by shigamedcnec - -
再就職支援研修のお知らせ 09:31

今年度も、再就職支援研修を開催します! 

 現在就職されていない看護師・助産師のみなさま。再就職を考えると、「しばらく現場から離れてたから、いろいろ変わってるんじゃないかしら・・・」「採血とか点滴とかできるか心配・・・」なんて不安をお持ちではないですか??

 看護臨床教育センターでは再就職支援研修を開催しています。これまでに参加された方からは、「復帰に向けての良い刺激、心の準備、自信になった」「働いていた頃の記憶がよみがえってきた!」などのご意見をいただいております。就業先は限定しておりませんので、気軽にご参加くださいね。研修内容について詳しくはこちらをごらんください。助産技術に関する研修も現在作成中です🎵

 

 

| 研修関連 | - | - | posted by shigamedcnec - -
院内・院外新人看護職員研修プログラムを実施しました 10:21

少し前の・・・もう1か月が経ちますが・・・。

 1011日から24日にかけて、南草津にあるニプロiMEPをお借りして、新人看護職員研修「複数患者の対応」を実施しました。この研修は、これまでの研修を活かし、シミュレーションを通して複数患者への対応を学ぶ研修となっています。

 新人さん達は、看護師役と患者に分かれます。看護師役は、病室を再現した部屋で、4人の患者さんの検温や夜間の巡視を行います。そこで起こるいろんな出来事に対する行動をグループで振り返りながら、複数患者の優先順位をどう判断するか考えます。患者役はシナリオに沿って患者役を演じ、患者さんを演じることで気づいた患者さんの思いをみんなで共有します。

 新人さんたちは、緊張しながらも患者役に優しく声をかけながら検温や巡視ができていました。スキルズラボでの研修とはまた違った新人さんたちの表情を見ることができて新鮮でした。日頃何気なく行っている検温や巡視について、頭の中で考えていることをあえて一つ一つ言葉にするというのはとても大変だったと思います。研修を終えて1か月。グループで考えた判断の根拠や優先順位の考え方が日頃の看護に活かされているのを期待します!

| 研修関連 | - | - | posted by shigamedcnec - -
多職種で学ぶ在宅スキルアップ研修を開催しました 17:47

 少し前になりますが・・・、9月の「リンパ浮腫ケア」に引き続き、多職種で学ぶ在宅スキルアップ研修、2つ目のテーマ「食べることができなくなった時の認知症高齢者の栄養療法の選択を多職種で支えよう」を10月14日に開催しました。在宅看護専門師・訪問看護認定看護師・NST専門療法士の講師を招き、倫理的側面から多職種の思いを共有し、意思決定について学びました。

 滋賀県内の様々な施設で働く、訪問看護師、介護支援専門員、介護福祉士、栄養士、薬剤師、言語聴覚士の方々が参加されており、多職種交えてのグループワークでは活発な意見交換がされていました。

 

| 研修関連 | - | - | posted by shigamedcnec - -
新人看護職員研修 「人工呼吸器装着患者の看護」を開催しました 17:09

あっ・・・という間に9月が終わりますね。

当院では、新人さんたちは新規採用看護師であることがわかるように4月からは名札にバッチをつけています。でも、もうすぐ働きだして半年、そのバッチも外す季節がやってきました。

新人看護職員研修も、25テーマのうち残すところあと4つとなりました。先日は、人工呼吸器の研修を行いましたので紹介しますね。臨床工学技士さんにも協力してもらい、人工呼吸器の操作について学びました。また、人工呼吸器を装着している患者さんへの関りとして、集中ケア認定看護師さんの講義の後、気管内閉鎖式吸引や挿管患者の口腔ケア、挿管チューブの固定についてシミュレーターを使って演習を行いました。各部署の臨床教育看護師も演習支援に入り、少人数ずつ演習を行いました。「難しい」イメージを持っていた人工呼吸器を少しでも身近に感じ、実践に活かしてもらえると嬉しいです。

人工呼吸器を実際に触りながら学びました
人工呼吸器を実際に触りながら学びました
臨床教育看護師のデモをみて手技の確認をしました
臨床教育看護師のデモをみて手技の確認をしました
新人さん同士でもいろいろ相談してやってみます
新人さん同士でもいろいろ相談してやってみます
わからない時は臨床教育看護師が一緒に考えてくれます
わからない時は臨床教育看護師が一緒に考えてくれます

 

| 研修関連 | - | - | posted by shigamedcnec - -
多職種で学ぶ在宅スキルアップ研修 「リンパ浮腫ケア」を開催しました 09:50

 9月15日、多職種で学ぶ在宅スキルアップ研修 「リンパ浮腫ケア」を開催しました。この研修は、滋賀県の委託を受け在宅医療サポート事業として行っている多職種連携共通人材育成研修のひとつです。今回は、訪問看護ステーションや特別養護老人ホームで働く看護師さんだけでなく、ケアマネージャーさん、薬剤師さんも参加されました。リンパ浮腫のある方へのケアについて、基本的な知識から実践まで、演習を交えながら学んでおられました。

当院のリンパ浮腫セラピスト(看護師)による講義
リンパ浮腫セラピスト(看護師)による講義
受講者同士で実技演習も行いました
受講者同士で実技演習も行いました

 

この研修は、在宅療養支援の観点から看護師、薬剤師、栄養士、歯科衛生士、介護福祉士など多職種の方を対象とし、様々なテーマで企画しています。今後の研修予定や申し込みについてはこちらをご覧下さい。

http://www.shiga-med.ac.jp/~hqcnec/prgrm_list/pdf/H30_zaitakusapo-to.pdf

 

 

| 研修関連 | - | - | posted by shigamedcnec - -
日本看護管理学会で発表しました 14:20

 8月24,25日に神戸で開催されました、第22回日本看護管理学会学術集会インフォメーションエクスチェンジで「新人看護職員研修に導入したシミュレーション研修(シチュエーションベースドトレーニング)の課題」について発表し、意見交換を行ってきました。会場は立ち見が出るほど盛況で、現在シミュレーション研修を行っている施設やこれから導入を検討されている施設、様々な施設の方と、シミュレーション研修を行う中での悩み事を共有しながら、どうすればより効果的な研修が行えるか意見交換することができました。

 当院では、新人看護職員研修のシミュレーション研修「複数患者への対応」を行っています。今年度も10月に開催予定ですので、楽しみにしていてくださいね。 

               

| ニュース | - | - | posted by shigamedcnec - -
2018年度 新人看護職員研修を行っております<春〜夏編> 13:48

 新人看護師のみなさんが、これまでに学んできた知識と技術の再確認をし、現場で安全に実践できるよう研修を行っています。4月から始まった新人看護職員研修も、あっという間に半分以上が終わり、新人看護師のみなさんの研修ファイルもずいぶんと分厚くなってきていることかと思います。

 研修には、センター教員以外にも薬剤師やさまざまな分野の認定看護師、一定の教育を受けた各部署の臨床教育看護師が、講師や演習支援者として参加しています。臨床での「経験の知」にも触れながら、基本をしっかりとおさえていきます。また、演習のある研修は、1回20名前後の少人数で行っていますので、指導者にもいつでも相談できる環境をつくっています。ひとつひとつの手技について根拠や理由を考えながら、新人看護師同士支援しあって共に学んでいます。

4月:薬剤の基礎知識 院内の薬剤師がt担当してくれました💊
4月:薬剤の基礎知識 院内の薬剤師が担当してくれました💊

 

4月:褥瘡対策と記録 皮膚に優しいテープのはがし方もやってみました
4月:褥瘡対策と記録 皮膚に優しいテープのはがし方もやってみました
4月:血糖測定・インスリン注射 お互いに血糖測定も実施しました
4月:血糖測定・インスリン注射 お互いに血糖測定も実施

 

続きを読む >>
| 研修関連 | - | - | posted by shigamedcnec - -
新人看護職員研修プログラムがすべて終了いたしました 16:45

にじ研修「2年目に向けて」が終わりましたにじ

 

秋から冬にかけて、研修回数は徐々に減っていくのですが、内容は濃く難易度の高い看護技術を行っていきました。

 

「人工呼吸器装着患者の看護」は、レスピレーターの構造と機能、モニターの見方、挿管中の患者さんの口腔ケア、閉鎖式吸引、固定テープの交換を演習で学びました。

     

 

「複数患者への対応」では、前半の研修を全て復習できる内容と患者さんへの関わり方、優先順位の決定について学ぶことができました。

 

看護技術最後の項目となる「点滴静脈注射」・・・皆さん、手に汗握る研修でした汗シミュレーターの血管も、しっかり押さえないと流血してしまうという本番のような緊張感でした。とても真剣に取り組むことができ、テストも無事合格できました。

 

2月に行った「2年目に向けて」の研修で、4月から行った新人看護職員研修プログラムが終了しました。久し振りに同期全員と顔を合わせて、話も弾みましたゆう★

 

2年目に向けて、自分がどんな看護師になっていきたいか。漠然としているけれど、先輩たちと日々行う看護を意味づけしていけたらと思いますクローバー

 

研修では、この1年間看護を行っていて嬉しかったことを振り返りました。「新人看護師だからこそできること」がたくさんあります。それらを、後輩たちにも話していってもらえるといいなと思いますにじ

| 研修関連 | - | - | posted by shigamedcnec - -
新人看護職員研修を行っています<夏〜秋編> 17:23

1年の折り返し地点の9月、だんだんと各部署での看護に慣れて、勉強しなければいけない日々に押しつぶされそうになる時期かなと思います。また同期と勤務が合わなくなってきて、話をする機会を持ちにくいかもしれません。

新人看護職員研修では、部署から離れてじっくり看護技術を学ぶ場ではありますが、他の部署の同期と顔を合わせて、お互いの話をする機会にもなります。1年の後半、自分たちのペースで乗り切ってもらえたらと思います。

 

それでは、6月〜8月に行った研修を、ご紹介していきますニコ

 

6月に<多重課題トレーニング>を行いました。DVDを視聴し、4つの場面で起こる複数患者さんの状態変化、時間切迫状況下での優先順位の決定について、グループワークをしましたペン

 

   

  

 

7月には2つの研修<心電図モニターと12誘導心電図の装着と管理><急変時の対応>を行いました。

心電図・・・rain苦手な方も多いですが、学生時代の記憶を呼び起こして、正常と異常の心電図の理解から12誘導心電図の装着をしっかり行えるよう、シミュレーターを使って行いました。

急変時の対応、1年目看護師でも目の当たりにすることもありますたいふうその時に先輩看護師と一緒にできる事を考えられるよう、実際使用頻度の高い薬品や物品を理解することを目標に行いました。写真は気管挿管に使用する喉頭鏡を組み立てているところです。

 

    

 

8月は、3つの研修<インシデントから学ぼう><メンタルヘルス><BLS> を行いました。

インシデントは、起こった原因→原因を引き起こした要因→次に起こさないための対策 の順に考えました。

メンタルヘルスは、当院精神看護専門看護師により、今の自分に起こっているストレス反応の症状を知り、グループワークで同期と共有し、対処法を習得しました。

BLSでは、当院救急看護認定看護師が日替わりで担当し、講義→デモンストレーション→演習を行いました。

1日の最後に、シミュレーターに胸骨圧迫心臓マッサージ、バックバルブマスクによる換気、AEDを行いました。応援が来るまでの間、適切に準備して行えるか、お互いにチェックしながらの演習でした。

 

      

 

 

 

 

 

     

| 研修関連 | - | - | posted by shigamedcnec - -
| 1/19 | >>